和田かなめさんを勝手に応援するブログ

福祉・介護政策の実績と提言力

MENU

和田かなめオフィシャルホームページ

現在、素敵な和田かなめオフィシャルホームページがつくられています。ご期待ください。そこで、HP等のインターネット支援チームをつくりたいと思います。協力してくださる方ご連絡ください。

社会新報から 自民党がもくろむ家庭教育支援法案 -「支援」の名を借りた「支配」―

社会新報から 自民党がもくろむ家庭教育支援法案 -「支援」の名を借りた「支配」―

f:id:kenu2015:20170727055726j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055751j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055816j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055835j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055857j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055918j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055931j:plain

 

f:id:kenu2015:20170727055949j:plain

 

お知らせ

社会民主党熊本県連合
社会民主主義セミナー

第2回セミナー(7月22日 於;人吉市
    「憲法9条と日本の軍事力」 
    講師 纐纈 厚(山口大学名誉教授)
第3回セミナー(9月30日 於;玉名市
    「社会福祉憲法
    講師 和田かなめ(熊本学園大学客員教授

国民の過半数が、あなたが言った『こんな人たち』なんです!

内閣支持率最低35%ー今朝(7月17日)の朝刊―

f:id:kenu2015:20170717034123j:plain

 「『こんな人たち』に負けるわけにはいかない。」とおっしゃいましたが、不支持53.1%国民の過半数が『こんな人たち』なんです。

 共同通信社の最新の全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率はさらに落ちつづけ、35・8%(1月前より9ポイント減)となった。第2次安倍政権発足後で最低を記録。不支持率は10ポイント増え、53・1%。 

 安倍首相のおともだち理事長の加計学園獣医学部新設計画をめぐる政府側の説明はは77・8%が「納得できない」。安倍首相の下での憲法改正に反対は54・8%で賛成は32・6%。8月早々の内閣改造に「期待しない」が57・0%で民心は離れている(「期待する」は41・0%)。 

公職選挙法が施行されましたー2017年7月16日ー

公職選挙法が施行されました

熊本日日新聞から切り抜きました。

大きな問題の一つは九州の比例ブロックの定数が1減じられたことです。九州全体での取り組みがことのほか重要になります。

 f:id:kenu2015:20170716082203p:plainf:id:kenu2015:20170716082331p:plain

f:id:kenu2015:20170716082420p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい話

 

 Yuko Sakura さんの「社民党サポーターズ」というFacebookがあるのをご存知ですか。下をクリックすると見れます。

https://www.facebook.com/yuko.sakura.357

 

 全国の社民党の活動を紹介してもおられます。

 今日は大分、福岡の水害の模様が「はの大分県議」、「佐々木福岡県議」の報告と災害対策への提言があります。

 

 7月5日に次のような書き込みがありました。

桜井純子さん応援の保坂区長のスピーチ、都が運営していた公共施設が切り捨てられ、福祉の社会資本が減少しているが、区としてそれを食い止めアップデートしているということについて。宇沢弘文さんの「社会共通資本」の考え、人々の幸せのための経済学が基本にあると思うけれど、今は公的支出の節約と称して利潤追求企業への丸投げ(時には却って支出が増えるのに)が流行っている。そんな中で、桜井純子元区議と市民たちで実現できた世田谷区の公契約条例は、進歩的な経済政策。みんなの給料を上げるため、地域景気を回すために、これから最も広げて行かなければならないことではないでしょうか。

私は「いいね」を送り、「詳しく知りたい」と書き込みました。

すると、解説の返事が届きました。

Yuko Sakura 世田谷区が委託する業務は、スタッフに時給1020円以上支払う企業に発注する条例ができたそうです。おかげで区の多くの企業の従業員たちに「給与明細でホントに上がってて、こういうことなのかと思った」と言わしめています。公的機関からの給与が上がると、他の企業にも波及して、地域経済がうまく回るという事を聞いて、私たちの給料アップに直結する政策だと思いました。

なるほど、と思い、ここに紹介します。

社民主義的な実践とはこういうことだと深く痛感した次第です。(小林敏夫)

 

チラシができるようです。

f:id:kenu2015:20170705031103p:plain

f:id:kenu2015:20170705031404p:plain