読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田かなめさんを勝手に応援するブログ

福祉・介護政策の実績と提言力

MENU

和田さんの似顔絵ができています。和田さんのfacebookからお借りしました。

f:id:kenu2015:20170317041117p:plain

和田さんの似顔絵ができています。和田さんのfacebookからお借りしました。

 ❀祝☆ 応援団 ✿

 

「和田かなめさんを勝手に応援する会」です。「和田かなめ応援団(仮称)」を作ろうと思います。そのための第1回の集まりを、今週の金曜日(17日)10時からします。参加される方、参加できないけど応援団になる方、連絡ください。連絡先メールアドレスkenu2015@excite.co.jpまたは o0yko.ft_s42045s.1_-oyk8ayg_v@docomo.ne.jp まで連絡ください。

 

 ❀祝☆ 和田かなめ応援団結成 ✿

f:id:kenu2015:20170314170507j:plain

 あなたの参加をお待ちしています。

和田かなめ応援団(仮称)をつくります

和田かなめ応援団(仮称)をつくり、多くの人に和田さんを知ってもらう方法などを出し合います。

参加される方、連絡ください。

 

連絡先メールアドレスkenu2015@excite.co.jp

 

岡山では『おかやまいっぽん』が野党共闘をめざし活動

岡山では『おかやまいっぽん』が、参院選に続き、衆院選でも野党共闘をめざし活動

https://www.facebook.com/okayama1pon/

 

 

鹿児島で『ALLかごしま』が発足―衆院小選挙区で野党共闘を推進ー  

               f:id:kenu2015:20170227212330p:plain                        

 衆議院議員選挙・鹿児島の小選挙区(1~5区)で野党共闘を推進するため「ALLかごしま」が発足した。上はその写真右から3番目は4区に出馬予定の野呂正和さん(社民党)。鹿児島高教組の役員時代に私(このブログを書いている者)と日教組九州ブロックで一緒に会議をしたり取り組みをしたりしました。たしか音楽担当」 

鹿児島にならい、日本全国で政治の流れを変えるため、安倍暴走政権を止めるため、野党共闘を実現させなければならないと思います。

 

和田かなめ講演会(2月4日)報告(その11)『B.S.ラウントリー、W.ヴェバァリッジと英国の社会保障「ゆりかごから墓場まで」』

 

和田かなめ講演会(2月4日)報告(その11)

『B.S.ラウントリー、W.ヴェバァリッジと英国の社会保障ゆりかごから墓場まで」』

 

下は、受験の時期によく売れている小さなチョコ菓子『Kit Kat』です。「きっと勝つぞ」というので友達同士や親が子に受験前にあげるお菓子です。

f:id:kenu2015:20170216114622p:plain

ラウントリー (1871-1954)のお父さんは、ヨーク市のこのKitKatチョコレート会社の社長です。KitKatというチョコレートは、現在は会社がネスレ社に買収され、キットカットは日本はじめ各国で生産を続けています。

ラウントリーは英国のヨーク市で1897年から1901年まで貧困調査をしました。そして、1901年に貧困と最低生活費の調査のデーターを公開しました。熊本学園大学にはこの調査報告書原本(洋書)があります。

f:id:kenu2015:20170216114642p:plain

ヨーク市は毛織物の盛んな都市です。その調査時ヨーク市民の27.84%が貧困生活でした。今の体力を維持できないという人たちです。お家はチョコレート会社ですから、一軒、一軒回って「この一か月に食べたバターは何ポンドですか、家計はどうですか」と徹底的な調査を行ったわけです。この「今の体力を維持できない層」を貧困線(poverty line)としました。4人に一人いました。その原因は社会経済的構造でした。日本では生活保護を受けている人に対し「あの人は怠けもんだもん。働らかんもん」という声があります。ものすごく古典的な貧困観です。ラウントリーは貧困がどうやって作られているかということをこの時代に解明しているのです。日本ではいまだに貧困観が古く、どこかの市の担当者がへんなジャンパーをつくっていることが新聞に載っていました。ラウントリーはそれから36年後同じ調査をおこない、その時にも31.1%が貧困者でした。その中で彼は年齢グループによって貧困割合が異なることに注目しました。そこから「人生での周期的な変動で、3回貧困に陥る危険がある」という、貧困と労働者のライフサイクル・モデルを発見したのです。1回目は自分が子どもだった時代、2回目は結婚して自分の子どもを育てている時代、3回目は子どもが独立し、自分がリタイアして収入が途絶えるか低下する時期であるとしたわけです。この3度貧困になるとわかったから、そこを何とか底上げしようとするのが社会保障の考え方です。このライフサイクルモデルは、労働者がある時期に貧困に陥る可能性があることを理論的に示したので、その後の社会保障の基礎となり、福祉国家の構想が生まれるのです。

ヨーク貧困調査の結果に影響を受けた、その当時の学生調査員W.ヴェバァリッジは1942 年 12 月に公表されたヴェバァリッジ委員会による『社会保険とサービスに関する報告書』(ヴェバァリッジ・レポート)をだします。そして戦後のイギリスの社会保障は「ゆりかごから墓場まで」と言われるようになるわけです。「ゆりかごから墓場まで」とは、「お墓」も社会保障の対象ということなのです。

                            この項以上

 

和田かなめ講演会(2月4日)報告(その10) 日本の「健康社会格差」の実態を知ろう

 

和田かなめ講演会(2月4日)報告(その10)

             日本の「健康社会格差」の実態を知ろう

 

東京大学の先生たちが中心になり、2009年度から2013年度の5年間、文部科学省科学研究費新学術領域「社会階層と健康」で学際的な研究をやっておられます。この5年間で、社会階層と健康の実態解明とメカニズムの理解、その制御方策について多くのデータや提言が蓄積されています。2014年度から科学研究費補助金終了研究領域(研究代表者 川上憲人)により、「社会階層と健康に関する学際ネットワーク」として活動しておられます。

その、資料に注目しているのですが、下は「社会階層が健康に影響するメカニズム」のパネルです。

f:id:kenu2015:20170214010847p:plain

出所:文科省 科学研究費 平成21~25年度文部科学省科学研究費新学術領域研究

現代社会の階層化の機構理解と格差の制御:社会科学と健康科学の融合

 

ーーー以下は「テープ起こし」(講演の再現記録)ではなく、スライドからの転載です。---

 

1 社会的格差

どの社会でも、社会階層が低くなるほど、平均寿命は短くなり、疾病の発症リスクが上昇する傾向がみられる。

これは、少ない資産、教育程度の低さ、不安定な仕事、貧しい住環境などによる社会的経済的ストレスの多い状況での生活が影響している。そのため、福祉政策では、セーフティネットに加えて、不利な状況を抜け出す方法を提供する必要がある。

 

2 雇用形態と健康問題 職業階層による健康格差

日本では全労働者の38%にあたる2,015万人が非正規雇用者だ。非正規雇用者に対する企業の福利厚生は手薄であるため、非正規雇用者の健康問題は課題となっている。

肉体労働や事務職などの人たちと、企業の管理職や役員などの人たちの間には、所得の格差に加えて、健康の格差があることが多くの国の調査で示されている。

ヘルシンキ大学が日本人や英国人などを対象に行った調査では、事務職の人は、管理職の人より、主観的健康度が約2.6倍低下することが示された。

東京大学精神保健学分野の研究チームが企業規模や正規・非正規の雇用形態を考慮し行った調査では、男性ではパートタイマー、女性では派遣・契約社員が、心理的ストレスを感じている割合が高いことが分かった。

 

3 仕事によるストレス

慢性的なストレスはさまざまな病気のリスクを上げるため、仕事のストレスが大きい人の健康度は悪くなる傾向がある。

産業医科大学などの全国12ヵ所の自治体調査では、仕事のストレスが小さい男性に比べ、仕事のストレスが大きい男性は、脳卒中のリスクが約3倍高いことが分かった。

仕事のストレスの大きい女性管理職は、脳卒中のリスクが約5倍高いことが示された。

男性ではブルーカラー非管理職の人たちで、女性ではストレスの大きい管理職で、ストレス・マネジメントが重要となっている。

 

4 職場内のソーシャルサポート

職場でのストレスは、疾病のリスクを高める。

仕事上のコントロール度(自由度や裁量権)がある人ほど、健康状態が良好である傾向がみられる。

仕事の要求度(負荷や責任)が高い上に、コントロール度の低い仕事には、とくに健康リスクが高まる。仕事上の努力に見合わない低い報酬(賃金や昇進、自分に対する満足感)も疾患と関連している。
 それに対して、職場内のソーシャルサポートによって、人々を守ることができる可能性が示唆されている。

 

5 所得格差と食事バランス  「2014年国民健康・栄養調査」

世帯所得が600万円未満の中・低所得者層は、食事が主食(穀類)に偏り、野菜や乳類の摂取量が少ないなど、栄養バランスが欠けている傾向があることが示された。

野菜の摂取量は所得600万円以上の男性は322g、女性313gだったのに対し、200万円未満では男性253g、女性271gに減少。肉も野菜と同様に開きがあった。

家計支出が多いほど、総エネルギー、脂質、タンパク質、炭水化物、カルシウム、ビタミン、食物繊維などをバランス良くとっている傾向がみられる。

 

6 家計支出が少ないと健康リスクは上昇

多くの研究で、家計支出が少ないほど栄養の摂取状態が悪く、心臓病や脳卒中などの循環器疾患のリスクが上昇していることが示されている。

山口大学医学部などの調査

家計支出が少ない女性では、肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病の割合が高くなることが分かった。女性の方が家計支出の少なさによって生活に影響を受けやすい可能性がある。

 

7 所得格差と健康習慣

社会階層が高い人ほど、健康に良い行動をとる傾向がある。

東京大学公共健康医学科研究チーム調査

学歴、所得と運動習慣の関係を分析したところ、学歴や所得が高い人ほど、運動習慣があることが分かった。反対に、社会階層が低い人では、喫煙率が高く、運動習慣が少ないなど、健康に悪い生活習慣の多いことが示されている。

 

8 低所得者の人ほど健康診断を受けていない

所得の低い人ほど健康診断を受けない傾向がある。「2014年国民健康・栄養調査」

健康診断を受けない者

  男性では600万円以上は16.1%、200万円未満で42.9%に上った。

  女性では600万円以上は30.7%、200万円未満で40.8%に上った。

 

9 医療へのアクセスの格差

社会的要因は、医療へのアクセスの格差にも影響する。日本は国民皆保険制度により、すべての国民が比較的少ない自己負担で医療を受けることができるが、現実には所得による医療アクセスの格差がみられる。

所得の少ない人や教育年数の短い人たちは、病院での受診を控えたり、健康診断を受けない傾向があることが内閣府などの調査で示されている。

 

10 強いネットワークが健康を改善 

良好な人間関係や、強いサポートを得られるネットワークは、家庭、職場、地域社会における健康を推進する。

人間関係のネットワークが小さいと、他者からのサポートが少なくなるなどの要因で、健康状態が悪くなる傾向が示されている。

社会的に支えられていると感じることが、生きていく上での精神的、現実的な励みとなる。他者からの社会的・精神的な支えを期待できない場合、人々の健康状態は悪化しやすい。

 

                            この項以上