読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和田かなめさんを勝手に応援するブログ

福祉・介護政策の実績と提言力

MENU

和田かなめ講演会(2月4日)(その3)人口減少期の超高齢社会の考え方

がんばっています和田さん(報告)

 

 

和田かなめ講演会(2月4日)(その3)  

      熊本県内の市町村の高齢化

 

熊本県内の高齢化率を見てみましょう。

図は全国平均、県平均、各市町村の高齢化率を示しています。(スライド省略。代わりに熊本県HPから表を載せます)

熊本県内市町村の高齢化率です。全国平均(26.0%)並みという市町村は、菊陽町(18.9)、大津町(20.3)、合志市(22.6)、熊本市(24.1)。全国平均から熊本県平均(28.8)の間が嘉島町(26.2)、益城町(26.5)宇土市(27.7)、西原村(28.1)。熊本県平均(28.8)程度が、錦町(28.5)、菊池市(30.7)少し超えているのが玉名市(31.2)長洲町、宇城市(31.3)、山江村(31.6)、御船町(31.7)、八代市(32)、荒尾市(32.6)、玉東町(33.4)人吉市(34.3)。さらに少し超えているのが、あさぎり町(34.6)、山鹿市(34.9)、南阿蘇村(34.9)。高齢化が進んでいるのが(35~40%)、氷川町、南関町阿蘇市甲佐町水俣市南小国町天草市多良木町上天草市津奈木町相良村苓北町、高森町、産山村、和泉町、小国町(38.8)。高齢化率40%以上は芦北町(40.2)、湯前町(40.7)、水上村(41.2)、球磨村(41.4)、美里町(42.1)、山都町(45.2)、五木村(46.8.%)となっています。

高齢社会そのものなんです。WHO定義の超高齢社会と呼ぶ社会で私たちは生きています。江戸時代の人口がおおよそ3千万人です。今、人口減少社会になって1億2千万人になりました。「[お年寄りが多くなって、子どもたちが少なくなって、どうしたらよいだろう。」と、みんなマイナスの発想です。しかしよくよく考えてみたら、江戸時代の終わりの頃は人口3千万人の人たちがこの国土を支えてきたのです。江戸時代の人々の英知を努力を私たちはもう一度考えて、つくってみようと、そんなふうに思うのです。人口が減ることを悲しんでばかりいますが、私はそうではないと思っているのです。

 

                                 つづく

 

【資料】

f:id:kenu2015:20170207064939p:plain

  

f:id:kenu2015:20170207065107p:plain

熊本県の高齢化率は、平成27年は28.8%となっており平成26年と比較すると、0.8ポイント上昇している。また、高齢化率が30%以上の市町村は、36市町村となっている。

上の表、グラフは熊本県のHPの

https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15311.html

からみることができます。

 

定義:「高齢化社会」「高齢社会」「超高齢社会」

総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率という。 世界保健機構(WHO)や国連の定義によると、高齢化率が7%を超えた社会を高齢化社会、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」という。 日本がはじめて「高齢化社会」となったのは1970年。