和田かなめさんを勝手に応援するブログ

福祉・介護政策の実績と提言力

MENU

チャヴ 弱者を敵視する社会

チャヴ 弱者を敵視する社会

オーウェン・ジョーンズ (著) 、 Owen Jones (著) 、 依田卓巳 (翻訳)

月刊社会民主に雨宮処凛さんが連載しています。「世界を掴むいくつかの方法」2017年9月号は、その㊺ (広がる「下流階級」嫌悪 英国からの警告に注目)で紹介されているのが表題の本です。冒頭を引用します。

「日本のこれから」を暗示するような本と出会った。

それはイギリスの26歳が書いた『チャヴ 弱者を敵視する社会』(オーエン・ジョーンズ/海と月社)。

 2011年に英国で出版された本書は世界的ベストセラーとなり、ニューヨークタイムズ紙の「11年のトップ10」に選ばれたという。(以下略)

 熊本県の図書館には、今の時点では、熊本市のプラザにあるようです。今日はその本は貸し出し中とか・・ 。次の「かーりる」で検索しました(便利ですね)。

https://calil.jp/book/4903212602

購入で2600円程度、英文で読めば1700円程度です。

購入するか地元や職場の図書館で買ってもらいましょう。読みたくなる本です。

「月刊社民」もいい月刊誌です。購読してみませんか。

今月号の特集は「反基地運動の新たな展開」です。沖縄、厚木、岩国の状況が書かれています。また、神谷拓さんの『「ブラック部活」劇場のシナリオとカラクリ』も興味深く読むことができました。いつもながら成澤宗男さんの国際問題Watchingも冴えています。

(小林敏夫)