和田かなめさんを勝手に応援するブログ

福祉・介護政策の実績と提言力

MENU

新聞各紙から

年金問題 

 民進党松野頼久国対委員長は14日、自民党森山裕国対委員長と国会内で会談し、元公務員の妻らへの年金支給漏れ問題について、衆院厚生労働委員会で閉会中審査を実施するよう要求した。森山氏は返事を持ち越したが、自民党幹部は来週中の開催を前向きに検討する考えを示した。

 年金の支給漏れは、約10万6千人に対し総額598億円に上っており、民進党は政府の対応について追及したい考えだ。

 これに先立ち、民進党厚生労働省日本年金機構の担当者にヒアリングを実施。今回の支給漏れを把握するまでに時間がかかったことに批判が上がった。

 共同通信社配信の新聞から引用しました)

 

次は、民主主義は慎重であらねばならないのに・・・ということですが。

 小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員(無所属)は14日、国会内で記者会見し、年内結成を目指す国政新党の主要政策として、憲法改正により衆参両院を統合する一院制の実現を掲げる考えを示した。議員定数の大幅削減などにつながると強調。「新党をつくる際、一院制に反対する人はメンバーにならない」と語った。

 一院制について若狭氏は「小池知事には訴えの一つにしたいと話して、賛同していただいている」と説明。新党結成で連携する細野豪志環境相民進党を離党)とも協議しているとした。

 利点として議員削減のほか(1)衆参統合で事務局予算減額(2)スピーディーな国会運営を列挙。

 このわからない集団?なんだ?

                 (小林敏夫)